2015年03月23日

豪遠征DAY7

image.jpg


いよいよ日本に帰る時がやってきました。

朝5時半に起床し、清掃!来た時よりも美しく!そして出発!

image.jpg


外はまだ真っ暗です。

コンドミニアムの前まで来てくれたシャトルバスに乗り込みます!

image.jpg


ハーバーブリッジを通過中。

image.jpg


シドニー国際空港に到着!

image.jpg


image.jpg


image.jpg


まず、チェックインを済ませます。

image.jpg


審査を終え、いよいよ搭乗!

image.jpg


image.jpg


image.jpg


順調に飛行中!

image.jpg


離陸して2時間ほどで機内食を食べました。久しぶりの味噌汁は美味しい!

image.jpg


アカデミーのMASAコーチが機内から「グレートバリアリーフ」を見るポイントを教えていただきました。

待ち構えていたところ的中!

image.jpg


グレートバリアリーフが見えました!MASAコーチ、ありがとう!

幸運は続きます。

しばらくすると機長からアナウンスがあり、「バタフライ・アイランド」を見ることができました!

image.jpg


普段この空域は雲が多く、なかなか見ることができないそうなんですが、今日は運が良いとのこと!

ちなみに「バタフライ・アイランドを見た人は幸せになれる」と言われているそうです。

このブログを見た人みんなが幸せになれるよう、原寸大の別ウインドウが開くようにしました!

到着する1時間半前に、夕食が出ました。

写真を撮る前にうっかり食べてしまい、フルーツだけの写真!

image.jpg


いよいよ成田空港に到着!

image.jpg


image.jpg


日本に帰るとホッとします…

帰国便では、成田空港で預けた荷物を受け取らなくてはなりません。

image.jpg


そして、ブログ更新のために借りたWifiルーターを返却し、支払いを済ませます。

image.jpg


次に国内線乗り継ぎのチェックイン!

image.jpg


成田空港に着陸してから伊丹行きの搭乗時刻まで100分ほどありましたが、時間に余裕がありませんでした。

理由は以下の通り。
1.到着地点がターミナルから遠く、バス移動の時間が発生したため。
2.「BAGGAGE CLAIM」ですぐには自分たちの荷物が出てこないこと。
3.Wifiルーターの返却に時間がかかったこと。(帰国は混雑します)
4.国内線乗り継ぎのチェックインをしなければならなかったこと。
5.空港内の移動距離が思ったよりも長かったこと。

急いで手荷物検査へ向かいます。

image.jpg


搭乗口に着くと、搭乗時刻を遅らせるというアナウンスが…

よく考えたら、かなり急いだ私たちがギリギリだったので、他の乗客が全員間に合うはずがありません。

とはいっても、ちょっぴり焦りました。

いざ伊丹空港へ!

image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


飛行機に乗り込むと、またまた幸運が訪れます。

飛行機の機材が予定と変わって国際線バージョンになったせいか、座席がなんとビジネスクラスに!

早くも「バタフライ・アイランド効果」でしょうか!?

image-e2bcd.jpg1.jpg


image.jpg


なんということでしょう!

足をどんなに伸ばしても前にぶつかりません!

横に座っている人の顔は、「仕切り」があって見えません!

浮かれていたところ、どこかの国際線の到着が遅れ、さらに伊丹行きの機材の整備に時間がかかり、50分遅れで出発。

いろいろと座席をいじっているうちに伊丹空港に無事到着。

image.jpg


大阪に住んでいる生徒とは伊丹空港で解散となります。

image.jpg


到着ゲートを出る前に、遠征最後のミーティングをしました。

ゲートを出て、MKジャンボタクシーに乗り込み、学校へ向かいます。

image.jpg


行きの時とは違い、ゴージャスな車内でした。

image.jpg


時刻は22時15分。ついに学校に到着です!

image.jpg


6泊7日のオーストラリア遠征がついに終わりました。




【海外遠征をふり返って】

私はテニスと英語が大好きで、欲張りな性格もあってか、両方関わることができる高校教師になりました。そして、スポーツを通した人間教育に大変興味がありました。

教える立場にある者として「正しいことをきちんと教えたい」という想いがあり、いろんな所へ行って生徒と共に十数年学んできました。

image.jpg


オーストラリアは今までのクラブ引率で最も遠く、1年前から計画していたわけですが、それだけ十分に価値があるものでした。

予算と相談しつつ、いくつか海外遠征先をあたっている中、オーストラリアの「スポーツマンシップ」について友子さんから教えてもらうようになり、ぜひこのアカデミーで学んでみたい、そして生徒達にも学ばせたいと思い、シドニーに行くことになりました。

image.jpg


海外では安全が第一。

国内遠征よりも神経をとがらせていなければならなく、またミーティングの傍ら夜ブログを更新し、貴重品管理、栄養バランスや食費予算を考え、予期せぬ手配や交渉をしたり、口内炎がずっと治らなかったり(笑)と、個人的には今までの教員人生で最もタフで緊張感のある引率でした。また、教師としても、たいへん勉強になった引率でもありました。

しかし、そんな苦労よりも得たことが圧倒的に多く、生徒たちにも言動に明らかな変化が見られました。

正直、遠征前は「楽しかったね」で終わるわけにはいかない、と少し心配していたこともあったのですが、結果的にそんな心配は全く不要で、無事こうして遠征できたことを本当にうれしく思っています。

この感覚は言葉でなかなか言い表せません。

image.jpg


今回の遠征では、テニスの技術面だけでなく、「スポーツマンシップ」、これからの時代に必要な「考え方」、「スポーツを通した社会教育」について深く考えるようになりました。

テニス部員だけでなく、担任するクラスの生徒たち、授業を教える生徒たち、自分の子供にも伝えたいと思っています。

image.jpg


今回のブログでは可能な範囲で詳細をアップしました。

次回私たちが遠征する際の参考になる記録を忘れないように残したかったこと、緊張感のある現在の海外情勢の中で保護者の方がタイムリーに状況を把握できて安心できるようにすること、より改善するために後日改めて検証できるようにすることが主な目的です。

一方で、「海外に興味を持っているけれど、なかなか踏み切れない」という人がたまたまこのブログを見て、良くも悪くも参考になれば「スポーツマンシップ」の輪が広がるのでは…︎
と、考えたのも理由の1つにあります。

image.jpg


10年前の私はテニスで海外に行くなど考えたこともありませんでした。トップ選手だけの話だと思っていました。

しかし、今は違います。

たとえトップレベルのテクニックや戦績を持ち合わせていない選手であったとしても、目的が明確で自分をある程度コントロールできるのであれば有意義な時間を過ごすことができます。そして視野が広がり、考え方も変わっていきます。

image.jpg


当然のことながら、世の中、様々な考え方があります。

場合によっては、他と違うことをすると批判されることもあるかもしれません。

しかし、「ぶつけ本番の一度きりの人生」で、それを気にしてばかりでもいけません。

求めていることを追い続けること。これは大切なことだと考えます。

image.jpg


最後になりますが、この手作りの海外遠征が成功したのはいろんな方々のおかげです。

アカデミーで熱心に指導してくださったVinceをはじめ、友子さん、RYOさん、MASAさん、HIDEさん、RICHARD、POCHI&POKO、そしてアカデミーで出会った仲間たち…

遠征をサポートしてくださった校長先生、生徒に英会話を指導してくれたジョーンズ先生をはじめとする学校関係者の方々…

お忙しい中、打ち合わせのために学校に足を運んでいただき、色んな面で支えてくださった保護者の方々…

そして、たまに私に心強い応援をしてくれる妻と子供たち…

この場をおかりし、すべての方々に感謝を申し上げます。

image.jpg


明日は久しぶりにテニス部全員揃っての練習となります。

合言葉は “WATCH THE BALL!”

詳しい話はコートにて…




2015 オーストラリア遠征 (完)

posted by Tetsuo Yamada at 23:52| Comment(1) | 海外遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

豪遠征DAY6

今日は「2015 Macquarie Uni NSWSS U16」に出場します。

元々この大会はU12とU14だけだったのですが、Barclayご夫妻が私たちに大会を経験させてあげたいという想いから、オーストラリアテニス協会に大会開催を申請していただいたことにより、実現しました。

心から感謝申し上げます。

アカデミーに行くと、昨夜の雨の影響でコートが濡れていました。

今までの感謝の気持ちを行動で伝えたいと思い、みんなで水取りとゴミ拾いをしました。

image.jpg


image.jpg


image.jpg


コートが使えるようになり、練習開始!

image.jpg


image.jpg


昼頃、Vinceと友子さんからサプライズがありました。

今日は此谷君の誕生日です!

image.jpg


ケーキを切って…

image.jpg


image.jpg


「サプライズ誕生会」は大成功!

アカデミーの皆さん、本当にありがとうございました!

image.jpg


U16の試合は午後からスタート。予定通り行われました。

まずはサイン・イン。

image.jpg


image.jpg


レフェリーからの諸注意。

image.jpg


今日はイタリアン・クレーで試合をさせていただきました。

image.jpg


現在、ATPトップ100位の約80%以上がヨーロッパの選手です。

そのヨーロッパの選手はクレーで育っていて、オーストラリアもクレーに注目するようになってきているそうです。

選手育成にクレーが良いということで、オーストラリアの気候にどのクレーが適しているか調べるため、このアカデミーには3種類のクレー(アメリカン・イタリアン・スイス)が設置されています。

今日試合をしたイタリアン・クレーのコートは「モンテカルロ・オープン(モンテネグロ)」のクレーと全く同じように作られていて、非常に貴重なコートです。

ちなみにスペインのナダル選手はモンテカルロに7回優勝しています。

image.jpg


image.jpg


今大会のレフェリーはMax Wardさん。デ杯のアンパイアの経験もあり、シニアの元オーストラリア代表選手でもあります。

image.jpg


テニスコーチにとって一番大切なことは何か。

質問をしたところ、Vinceと同じ答えが返ってきました。やっぱり凄い方達なんだと改めて思いました。

試合中、オーストラリアの選手のお父さんが話しかけてくれて、少しだけ立ち話をしました。

そして質問をしました。

「良いショットに対して、自分の子供にだけでなく相手の時にも拍手を送っている光景が見られるが、いつもそうなのか?」と聞くと、「オーストラリアでは当たり前だ、日本は違うのか?」と返ってきました。

友子さんにこのことを話したところ、「スポーツマンシップとは何か」という資料をいただきました。日本の体育教育が始まった背景や歴史、そして在り方について、深く考えさせられました。

さて試合の方ですが、両洋テニス部は第1シードを破り、大健闘!

image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


結果は次の通り。

【2015 Macquarie Uni NSWSS U16】
◎ Final
AKIHIRO KONOTANI 7−6 YOSHITSUGU MIYAMOTO

此谷選手がバースデーを優勝で飾りました。決勝は同校対決となりましたが、素晴らしい決勝戦でした。

image.jpg


今日をもってVinceや友子さんとお別れになります。

image.jpg


Vince、友子さん、そしてアカデミーのコーチの方々、本当にありがとうございました。

私たちは夜9時過ぎにコンドミニアムに帰ってきました。

image.jpg


今日もいろんなことがありました。

中でも一番心に残っているのは、
「これからの時代は学歴や経歴ではなく、すべての肩書きを除いた時に、その人間に何ができるか」という話です。

詳しいことはたくさんあって書くのが難しいのですが、こんなに心が満たされた日々は本当に久しぶりのことです。

明日はいよいよ帰国です。

これからミーティングをし、きちんと気持ちを作って明日を迎えたいと思います。



posted by Tetsuo Yamada at 20:08| Comment(0) | 海外遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大津合宿3日目

image.jpg


昨日に引き続き、今日も練習試合を行いました。

今回の合宿では、狭山高校、関大北陽高校、海星高校と対戦させていただきました。

それでは、1日をふり返ります!

早朝ウォーキングをしました。

image.jpg


今日の朝食です!

image.jpg


午前はシングルス、午後はダブルスを中心に行いました。

image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


image.jpg


いよいよ京都ジュニアの直前となりました。

きちんと気持ちを作って、最高の状態で臨みましょう!

狭山高校の影山先生、関大北陽の岸上先生、海星高校の木村先生、2日間ありがとうございました。
posted by Tetsuo Yamada at 20:02| Comment(0) | 練習試合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする